studio405

yokoの忘備録

プチ留学2017冬のまとめ(今更!

どうも。プチきっての”ぶっちぎりダメ体験者”であろうよーこです。 多分私の体験談はあんまり参考にならないハズなんで、 スルーでおっけー牧場です。

えー、 宿代をドブ臭の中に捨てたり、 ぼったくりタクシーに遭ったり、 あつこさんにおんぶに抱っこでお世話になったり、 っていうダメ体験は、 前回までのブログに書きましたw

んで、今は素晴らしいガイドブックもあることだし、 ふつーに皆さんもっと上手にバンコク楽しめると思うんで、 学校のことなど書いてみようかと。

SISはご存知の通りムスリム系インターナショナルスクールなので、 授業はすべて英語で行われます。

なのに、 うちの場合3姉弟のうちふたりは、 まーーーーったく英語経験ゼロ! の状態で放り込みました。 ちょームボー。 でも なんとかなると思って w

少人数な学校だし。

それとラフィーザ先生と前日LINEをやりとりしていて、 その太っ腹な人柄に信頼をおけちゃえたっていうのもあります。

私「初日何時に行ったらいいの?」ラ「何時でも。」 私「子どもらに携帯持たせちゃダメ?」ラ「ダメ。頼むわー。」 私「おっけー。」ラ「理解してくれてさんきゅ。」

みたいなやりとりしかしてないですけどw てきとーな親だなー私;

まあ、SISの留学担当責任者であり、母であり、サイエンスの先生でもあるラフィーザが、 見ず知らずの日本人の子供達のために先生自ら給食作って待ってくれてるんです。 しかもめっちゃ美味しいと評判。 信じて間違いはない。ハズ。 ってかまじかー。 登校何時でもいいのかー。

まあちゃんと当日、 常識的に朝のスナックタイム前に学校に連れて行ったんですけど。 1日目を終えた子供達の感想は、 「英語はぜーんぜん。わかんないけど、とにかく周りの子供が、こどもこどもしていて、息がしやすい。」 なるほどなーっ!と思いました。 人と比べるのが無意味なんですもん。皆肌の色も母国語も文化も違いすぎて。 入れられたクラスの勉強についていけなければ一個下のクラスに移動したりもふつうのこと。 ダメならダメでいい。その子のペースで成長すればいい。 疑いようもなく みんな同じでなきゃいけない日本の学校に比べて、そりゃ息がしやすいだろうなと思いました。 それでも休み時間は日本の学校と変わりない部分も。(?) 男の子はサッカーに、 女の子は追いかけっこやお喋りに花が咲くらしい。 まあごくふつうの学校の風景だよね。

f:id:ll_yoko_ll:20180912132706p:plain

学習内容は、 中3長女によると、彼女が入ったクラスでは 算数は小5レベル。英語は中2くらいの文法。 理科は化学変化とか?物理変化などと言う馴染みのない英単語が出てきて、 なかなか難しかった!と言っていました。 小4次女は英語わかんないんで、黒板の英単語をひたすら書き取り、 タイ語の授業では初めてタイ文字を書けるようになったと 楽しそうに話してくれました。 4歳長男は泣いてばかりいたけど先生たちが一生懸命慰めていてくれたみたいw 英語でw 「えいごわかんなかった、こわかった」と言っていました。 そりゃあね。 さすがに、 インターに放り込む前には英語を多少なりとも習っておくのが お子様のためです。ぜひ。 w

そんなこんなでも、 学校を去る日には、子供達は 「もっとSISに居たい!もっと英語を勉強したい!日本に戻るのが憂鬱だ」 と嘆くほどになっていました。 わあお。(無駄に英語風w)

あと、学校のそばに、 ローカルの人向けのちっさい市場があるんですけど。

子供達を学校に送った帰りなんかにぜひ寄ってほしい! そこの食べ物はまじで度肝を抜く。 安い美味い早いw

(肉まんみたいなしっとりパンにひき肉と野菜が挟まっているのが30バーツ、 生春巻き20バーツ、 カップケーキみたいなの6個くらい60バーツとか) (※1バーツ3.5円くらい)

んで、 そこここに、野良犬や野良猫が寝そべって、 のーーーーんびりしていて、 屋台の人たちもモトサイのおじさん達もとても優しい。 お惣菜屋さんの美人お姉さんが、 なぜか日本語が堪能で仲良くなってLINEを交換しました。 (ここのお惣菜屋さんの卵焼きが謎のおかひじきのような野菜が入っていて美味しかったです、 あと首折れ鯖焼きも。 お喋りに夢中で値段は覚えてないw)

f:id:ll_yoko_ll:20180912131233p:plain f:id:ll_yoko_ll:20180912131332p:plain f:id:ll_yoko_ll:20180912131354p:plain

最高なのは、 毎日ですよ。 御飯は屋台頼み、 掃除はホテル頼み、 なんなら洗濯屋さんもあるし、

学校の送迎以外は、なーんも、 やることがない!! っていう天国。

激安屋台飯楽しんだり、 カフェでまったりしたり、 マッサージ行ったり。 母とか妻とかパートタイマーとかっていう仮面を、 全部ポイして、 やっとひとりの人間に戻れた感じがしました。

そうしてじっくり子供たち一人一人に向き合うと、 今まで見えなかった良さがめっちゃ見えてきました。

それだけじゃない、 初・海外旅行のパートナーとして、 すごく協力してくれたし、 一緒に楽しんでくれたし、 今までと違う絆が深まった気がしました。

親↘️子として管理すべき対象ではなく、 子どもはひとりひとり、尊敬すべき尊い魂たちなんだな、って

しみじみ思いました。

もちろん、

バンコクにはキラキラばかりじゃない小汚い景色は あるにはある。 でも慣れてしまえば、 どこに行っても人も犬も猫も余裕がある。

あつこさんと、るみさん達とアユタヤに向かう特急の中で 有料指定席を黙って譲ってくれた人のことをずっと忘れない。

あわあわしてお礼はどうしようってなってる私を制して、 あつこさんはいいました。「これもタンブン(徳をつむ)って考えなんじゃないかな」 って。 「タイの人の親切は、自分がしたいからする、っていうスタンスなんだよ。 だからお返ししなきゃ、とか気に病まなくて大丈夫。」 と。

f:id:ll_yoko_ll:20180912131929p:plain f:id:ll_yoko_ll:20180912131950p:plain

あとですね、 プチ留学にくる人はいろんな意味でヤバいです。w あつこさんは強力な「ひとつなぎ能力者」だと思う。 この辺りも詳しく書きたいけどまたいつか。

最後に 一年の時を経て、 新年の挨拶を返してくれたラフィーザの超絶律儀さと、 (ムスリムにとって、ラマダン開けが新年なんだね)

北海道地震の心配をしてくれた屋台のお姉さんNitaとのやりとりを貼って 〆にします。

f:id:ll_yoko_ll:20180912110421j:plain f:id:ll_yoko_ll:20180912132037p:plain

タイの思い出は、時間がたっても私を癒し元気付けてくれます。